普段の生活で起きている黒ずみの原因、メラニンの放出!こんな生活習慣に気を付けたい!

日常の生活の中で起きている黒ずみの原因をご存知ですか。日常では、きちんとケアを行っているという方も多いと思いますが、しみが増えてしまう原因が隠れていますので気をつける必要があります。

女性にとって、老いを加速させる最大の敵はしみです。実際に美白アイテムを使っていても気が付くとしみがあったという経験はありませんか。

しみの予防を行うためには、何よりも紫外線を浴びることにより、肌の防衛本能の動きで、メラニンという厄介な色素が増えてしまいます。メラニンの役割は、有害な紫外線が肌の奥の真皮に入り込まないように、防御する役割を持っています。紫外線を浴びると、表皮の一番上にある基低層のメラサイトがメラニンを生成して肌を守ってくれるのです。

日焼けすることにより、肌が黒くなってしまうのはこの働きがあるからなのです。逆に紫外線が弱くなる事により、メラニンの生成は抑制されます。

肌の基礎代謝がスムーズに行われている場合には、メラニンの老化角質ははがれ落ちます。そしてまた元の肌に戻すことが出来るのです。

しかし、長い時間紫外線を浴びてしまうことにより、基底細胞に影響を及ぼしてしまい。一部のメラニンが暴徒化して、メラニンをこれでもかというくらいたくさん作り続けてしまうのです→アイムピンチ

そうなってしまった際には、危険と言えます。肌の代謝を繰り返してもメラニンが作られ続けるので、一部分だけ黒くなって、しみとなります。しみ予防には、長時間紫外線を浴びないようにすることが大切になってきます。

また、美肌のために日常で摂取している野菜もしみの原因になるといわれています。青虫や卵がついて葉がかけている虫食い野菜は最近は見かけることがなくなりました。

現在日本で許可されている農薬は健康には害を及ぼすことはないといわれています。しかし、その多くは皮膚の光線感受性を強くする物質が含まれています。野菜を洗わないで食べることにより、農薬が少しずつ体内に溜まってしまい、日を浴びたときに皮膚のトラブルを招いてしまったり、しみができてしまうことがあります。

ビタミン豊富な野菜は、肌にとっても積極的にとることがおすすめできる食材ですが、何よりも、調理する前にきちんときれいに洗ってから調理するように心がける必要があります。

また、眼鏡をかけている人は、しみになってしまうことがありますので、重い眼鏡が避けるようにしましょう。

日常での生活では、紫外線に注意して、野菜を多く食べることですが、ちゃんときれいに洗って食べる習慣をつけることにより、肌を守っていくことが出来ます。